ストレスに強くなるには | 女性が自分らしく健康でいるためには

ストレスに強くなるには

満員の通勤電車・天候不順・会社での差別やいじめ・パワハラなどなど、上げればきりがないほどのストレスが蔓延した時代に我々は暮らしています。

中でも、女性は社会的に立場が弱く、不合理な目に会う確率は常に多く存在しています。それでも自分の生活を守るため、男性の中で懸命に働いています。

女性の体の仕組みから1カ月の内で体調が良い時と悪い時がはっきりしており、自分でコントロールできない時もあります。ストレスを貯めながら頑張り過ぎていると思う時もあるでしょう。時には、そんな自分を解放してあげる事が必要です。自分の心と体のチェックをしてみませんか。

「ストレス」とは、刺激により生きた体に歪みが生じた状態のことだと書いてあります。仕事や人間関係、恋愛問題に進学や就職と悩みはひとそれぞれですが、これがストレスの原因ともなります。また、結婚や新しい職場などの環境の変化も、ストレスの原因となります。

ストレスを感じると、自律神経の働きにより体を外的から防御する力を出します。たくさんのストレスを受けたことで自分の許容範囲を超えてしまった時、この防御の働きが混乱をきたし症状が体に現れてきます。頭痛・肩こり・めまい・動機・息切れ・吐き気・疲れとなって体に現れます。

これを放っておくと、胃や十二指腸潰瘍などの消化器系の病気・狭心症・心筋梗塞・高血圧・湿疹・蕁麻疹・円形脱毛症・うつ病などを引き起こします。

女性は男性よりも環境の変化に弱く、こうしなければいけないとかこうあらねばならないとか仕事だってミスしないようになどと、義務感や罪悪感でいっぱいになる時があります。こうした時には、すぐに気分を変えることです。ショッピングに出かけたり、音楽を聴いたり、映画を観たりといった方法で、うまく自分の気をそらすように仕向けることが大事です。

さらに、毎日きちんとお風呂に浸かり、体の緊張をほぐすだけでもストレス解消になります。こうした方法で自分の心と体のコントロールがきるよう、自分で自分の体に働きかける努力してみてください。